営業時間 9:00-18:00

クォーツガラスコーティング正規施工店 Coating Pro Shop Akiyama

QUARTZクオーツガラスコーティング

コーティング料金表(国産車新車時)

クオーツガラスコーティングは今までのコーティングの概念を覆すコーティングです。
一度の施工で半永久的に輝きと艶が持続・汚泥効果は抜群、そして洗車がとても楽で、汚れても簡単に水で洗い流すことができます。
硬度は「9H」で最高硬度、コーティング界の帝王と言っても過言ではありません。

コーティング料金表(輸入車新車時)

多種ある親水性コーティングの最高峰と言える最高級プレミアコーティングです。コーティングと言えば手塗りでコーティングする場合がほとんどですが、クオーツガラスコーティングは全塗装するようにスプレーガン吹き方法で専用のブース室でゴミ等が付着しないように施工します。スプレーガンによるミスト式コーティングのため細部に渡りコーティングが行き渡るのが特長です。例えば、アルミホイール、エンブレム、レンズ、ゴム、ナンバープレート等、隅々までコーティングがかけられます。

Quartz素材の説明と特徴
パーヒドロポリシラザン(無機質のポリシラザンという意味)を主成分として、スプレーコーティングする事で大気中の水分と反応しシリカガラスへ転化します。クオーツガラスをコーティングする事により、1ミクロン以下の薄いガラス膜で覆われたコーティング面はガラスの硬さ、耐久性を手に入れる事となります。コーティングされたボディは油性の汚れを寄せ付けにくく、劣化しないガラス膜により長期間保護される事となるのです。
施工するとどんな効果があるのか
ガラス膜がボディの塗装面を長期に渡って守りますので、車を美しい状態で保つことができます。無機質のガラス膜は排気ガス煤煙など油性の汚れを寄せ付けにくい上、硬い表面硬度と平滑化で汚れを深く入り込ません。 クオーツガラスコーティング未施工のボディと比較すると「汚れの付き方」は断然に少なくなります。また水垢などの汚れは水洗いで簡単に落とす事ができますので、洗車に費やす労力と時間が大幅に軽減されるうえ、雨で汚れが流れ落ちるセルフクリーニング効果も見逃せません。
表面硬度
形成された膜は無公害のシリカガラスです。勿論、ノンハロゲンです。焼却されても、埋められても、(金属とともに)溶解されても問題ありません。また防汚機能により、洗剤やWAXなどの石油化学製品や水の使用量を削減する事につながります。
スプレー塗付工法によるメリット
手塗りのようにムラもなく、手が届かない隅々にまで均一にコーティングできます。
素材を選ばない密着性
クオーツガラスコーティングはどんな素材にも高い密着性を発揮するため、アルミホイール、ゴム、モールにも施工可能です。
ガラス系コーティングとの違い
ガラスコーティングが主流となり「ガラス系」「ガラス質」のコーティングという言葉をよく耳にするようになりましたが、クオーツガラスコーティングとの大きな違いはその成分が「有機質」か「無機質」かという事です。ガラス系、ガラス質のコーティングは溶剤に有機質の油分が含まれますので長期の耐久性よりもツヤを優先したコーティングといえます。コーティング施工をご検討の場合、それぞれの性質を区別する事なくガラスコーティングとひとくくりに考えず、成分によりコーティング効果や特性が異なる事を理解する事が重要となってくるのです。 比較
なぜ耐久性に優れるのか
完全無機質のパーヒドロピリシラザンを主成分としたシリカガラス膜が保護膜となっており耐久期間は他のコーティグと比較しても圧倒的な違いがあります。シリカガラスは耐熱1300度で夏場のような高温でも劣化せず、また無機質であるため紫外線などによる劣化もほとんどありません。従ってクオーツガラスコーティングは「長期の耐久性」が特徴の一つと言えます。
施工後のメンテナンス方法は
汚れが付いてきたら水で汚れを洗い流してください。汚れはさっと落ち、ボディは短時間で美しい状態に戻ります。ボディに残った水分は早めに拭き取るように心がけてください。通常は水洗いだけで充分な効果を発揮しますが、水洗いの3回に1回ほどのペースでクオーツガラスコーティング専用のコンディショナーを使い、油分などの汚れを洗い流してリフレッシュしてください。